« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

最近のコト

Sakura

木曜日は暖かかったので、また中野通り~新井薬師まで行って来ました(^_^)

桜はまだまだ満開!ですが、少しずつ桜吹雪になって来てます。日曜日は雨予報。花散らしの雨になっちゃうのでしょうか・・・

明日明後日でお花見計画なさってる方が多いみたいなので、どうか天気が持ちますように(^_^)

私がいつも友人達とやっているお花見は今年は断念しました。寒いとどうしても身体が痛むので。来年こそは大人数で花見をしたいなあ(^_^)

と、言いながらも、一人で中野、高円寺辺りの桜を見に出かけてます。

今年の桜はかなりの早咲きで、ちょっと白っぽいですが、一斉に目覚めて咲いた!!と言う感じがいいですね(^_^)。ふっさりしてます。

Sakura1

まだ中野区と杉並区の桜しか見てないのでもう少し体調が回復したら、少しだけ桜を追いかけたいなあ・・・等と密かに目標を立てております(^_^)。それから、退院以来都心には出向いてないので来週からの通院の予行練習も兼ねて今週末に都心デビューしようと思ってます(笑)。

体調は、徐々に良くなって来てますし、傷口の痛みもだいぶなくなって来ました。それより今は肋間神経痛に悩まされてます(^_^;

私と同じ胸腺全摘出手術や縦隔を手術してる方々のブログを拝見すると、皆さん私と同じように神経痛が出てる方が多いようです。

胸の辺りを中心に色々な箇所がチクチクとした痛みが出るので、ちょっと不快ではありますがまあ何とか我慢出来る程度の痛みではあります。

それにしても2月6日に具合が悪くなってから今日までの2ヶ月弱で色々な事がありました。あまりにも色々有りすぎて、正直、半年分位の力を使った感じです。ほんと疲れた(笑)。

そもそもこんな事になったのは2012年の無理が祟ったからだと思います。

2011年夏に感染症からの敗血症で倒れ、死にかけた時に

「もう無理は出来ないな」

と悟ったのにも関わらず・・・働けなかった時を挽回するかのように、去年は必死でバリバリ仕事をしてました。

去年一年はとてもやりがいのある仕事を沢山頂いたのですごく楽しかったし。全国各地を飛び回り、沢山のポートレイトを撮影して来ました。お酒も沢山飲んでたし、沢山の人と関わってた。ものすごく将来への夢も膨らんで、2013年には新しい何かをやらかそう!と2012年の年末くらいはとても意気込んでいました。

でも思えば、2011年も2012年も別れが多い年でした。

震災と言う大きな事があり、自分自身も倒れ、友人や知人が相次いで亡くなり。哀しい事が沢山あった。この2年、色々あったんですよね。

そうゆう、哀しみや疲労を完全に払拭出来ないまま、私、2013年も走り出してました。後先考えないタイプなので、その日その瞬間を走り抜くタイプなんですよね(笑)。

だから今こうゆう事になったのは

「たまには止まってじっくり考えろ」

と言うサインなんでしょうね。

それでも、腫瘍が見つかってから今日まで全て順調に良い方向に導かれて来てます。仕事の復帰も無理すれば4月初旬から出来るんじゃないか?と勝手に思ったり(^^ゞ(こんな事書いたらまた家族や友人に怒られる(汗))

な~んて言ってみましたけれど、今回はしっかり療養しようと思ってます。また焦っても仕方ない!病理の結果を聞いて、しっかり自分の身体と向き合って、

ほんとにもう大丈夫!

となった時に復帰しようと思います。

ここの所、お仕事の方からお見舞いのご連絡を頂くようになり

「復帰したら一番に連絡くれ」

と。ありがたいですよ。ほんとに。

待っててくれるクライアントがいるって事に心から感謝します。

しっかりリハビリしますので待ってて下さい!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2013年3月26日 (火)

視点が変わる

手術から今日で2週間が経ち、ようやく自分の身体と相談しながら動けるようになって来た気がする。

昼間は暖かい日差しも出ていたので、またふら~~~っと中野通りへ行ってしまいました(笑)。やっぱり桜に導かれてしまうんだよねえ。桜中毒だから仕方ない(笑)

術後の傷が痛まぬ程度にスナップして来ました。

Nakano

いつも人通りも車通りも多い中野通り、この12年、いかに車と人を避けて桜だけを撮影しようとしていたか・・・。桜しか見えてなかったのだろうなあ。

今日、ふと、そうゆう事じゃないんだよな、と思った。

桜はすぐに散ってしまう限定感があるから特別な花だと勘違いしてしまうけれど、常にこの通りで春夏秋冬生きていて、ここで暮らす人達や訪れる人と共に歳を重ねているのだよね。

私がいつも撮っているアングルは真逆の歩道橋側。

が、今日は何故かいつも撮らない方を振り返ってみた。

桜と人の日常が見える。振り返った先にあった風景はとてもふんわりと柔らかい感じがした。たまに来た道を振り返る事があってもいいな、なんか新鮮でした(^_^)

Arai

いつもの新井薬師でのワンカット。見え辛いかもですが、重い桜の枝をご神木と思われる樹が支えていました。ロープでしっかり固定されていて、枝が折れないように。

毎年撮っていて、いつも桜の美しさばかりをカメラで追っていましたが、今回カメラをずっと構える姿勢が辛くなった分、しっかり肉眼で見るようになったので目の前にある現実をしっかり見れるようになったのかもしれません。

樹が樹を支える。

素敵だな、と。力強いご神木達を見ているとパワーをもらえますね。

今日も新井薬師で手を合わせて来ました。

そうそう、先日、私のかかりつけの病院がある高円寺ですごい桜を発見したのです!

たまたま車で通りかかったら・・・

Koenji

家から桜が生えているんです!!

Koenji2

家はもう廃墟化しているので、もちろん誰も住んではいないみたいですが

「桜に食われた家」

ですね。

私が一生懸命撮影していたら、お巡りさんがニヤニヤ笑ってました。

地元の方々にはおなじみの光景なのか皆さん全く気にも止めずに通り過ぎて行ってました。

高円寺の近くに住んでもう20年近いのに、この桜の存在を初めて知りました!

最近色々な発見があります。

カメラマンだから仕方ないですが、すぐに写真を撮ろうと思ってしまいますが、まずはゆっくりじっくり肉眼で見ないと、ほんとの事って見えないのかもしれないですね(^_^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

宣伝!!

本日はまずは宣伝から!(笑)

私が撮影をお休みする直前まで携わっていたお仕事がコチラ!

カナタpresents 「あぶな絵、あぶり声~tribute~

パンフレット撮影、CDの中のブックレット等々・・・沢山撮影させてもらいました。キャストが魅力的な方々ばかりで、撮っていてとても楽しかったです。

写真を納品してから入院、手術となってしまったので、パンフレットがどんな仕上がりになったのをまだ知らないのです(^^ゞ 早く見たいな~。楽しみだな~!!

舞台の宣伝をしよ~と思っていたのですが、なんせこの前まで入院していたのでうっかりしてました(^_^;

今日から大阪公演が始まってるんですね~!!

本を拝見しましたがとても私が好きな世界観でした。

退院がこんなに早く出来ると思ってなかったので、是非東京公演を観に行きたいです(^^)v

どんな朗読劇になるんだろう・・・すごく楽しみです(^-^)

Sakura010

この写真は、今日いつもの新井薬師で撮影しました。ほぼ満開でしたよ♪

今は病み上がりなので一気に撮影をするのは控えてます。無理をせずに一枚一枚丁寧にシャッターを切ってます。

だからこそ撮れる桜写真があるような気がしてるんですよね。

最近以前にも増して感受性が強くなっているような・・・心臓の近くを直で触られたからかしら(笑)?

桜は切なくもあり楽しくもあり。

本当に不思議な花です。

今年も桜から様々な感情をもらっています

今までとは違う、新しい目線。遠出は出来ませんが近場で見に行ける桜たちをゆっくり撮ってみたいと思います。

皆さんも楽しいお花見を♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

色々書いてみます

桜開花宣言から暖かい日が続いたので、都内の桜は既に満開を迎えましたね!

東京は今日と明日辺りが満開ですので皆さんは外でお花見かな?

私も明日の昼間くらいは短い時間でもいつもの新井薬師で満開の桜を見たいな(*^^*)

先日出版社時代からのお友達がお見舞いに来てくれました!もう20年の付き合いです。

Mika008

とても信頼出来て大切な友人たちです。いつもいつも励まして支えてくれてありがとう!

もう一人、出版社時代の同僚が大阪にいるのですが、遠く離れているので今回は電話でOG会に参加してくれました。今はみんなそれぞれの道を歩んでいますが、ここで出会った3人は私にとって本当に大切な友となりました!大切で大好きな仲間です(^_^)

この時頂いた吉野桜が本日開花しました♪

Sakura1_2

リハビリを兼ねて撮ってみました。室内で撮る桜も新鮮でいいです♪ いかがでしょうか?

お見舞いで頂いたお花たちの香りと、リラックス効果が高いアロマや美容グッズのプレゼントを沢山頂いたので部屋中にお花の香りがしてます。とても優雅な気分。香りの癒し効果はとても大きいのだなとつくづく感じております。

話は遡りますが、3月19日、桜がもうじき満開になってしまう!!と急に焦り、リハビリになるからいいでしょ?・・・何て軽く考えて、一人で新井薬師まで桜を撮りに行ってきました(^_^;

Sakura005

この時4~5部咲きでした。

術後の傷口が痛いのを我慢して、カメラを構えたせいか構図も甘ければ、写真に全く力がない(苦笑)。

7

撮った写真を見て思った事

「ああ、私は病人なんだね!」(笑)

病気のカメラマンが撮る画は力が足りない写真となるんだな~と。写真はやっぱり嘘を付かないですね(^_^; でも病んでる時に撮る写真もそれなりに味わい深い?ような気もします(笑)。と、何事にも前向きに行きたいと思います!

いや~しかし一眼レフを手持ちで撮影するなんて無茶しました・・・。レンズも重いの着けちゃってたし。家に帰ってから胸の傷が痛み、急に動かしたせいか胸筋まで痛くなる始末・・・(^_^;

その後色々な人に叱られました。ご心配おかけしてすいません。

あの日以来、桜を撮りたい気持ちをグッとこらえてます。今日も自宅にお見舞いに来てくれた高校時代の友人達に

「お花見しに行かない?」

と言いそうになりながら、グッと我慢しました(笑)。まき、ゆきの、来てくれてありがとうね!!私には元気をくれる友人が沢山いるので、回復が早いのだと思います(^_^)

今はまだ花見をしながらお酒飲みたい・・・と言う所までは回復してませんが、桜を愛でながら暖かい日差しの中でお茶とお弁当を食べたいなあと思える位までに回復して来ました。正直、まだ傷付近が痛かったり、もしくは肺や心臓が圧迫されるような感覚?が残ってはいるものの、術後10日でこんなに状態が良くなるなんて、術前は全く想像も付かなかったです。

さて。ようやく入院からの事を書きたい気持ちになったので、一気に書いてみます。

かなり長くなります。めんどくさい方はスルーしちゃって下さいねm(__)m

病気が発覚してからずっと写真家の江崎哲朗氏(夫)に私の事をリアルに撮影して欲しいと頼んでいました。ここからの写真は全て江崎氏による撮影です。

3月11日(月)午前中に入院。

Mika3

術前の検査で血液検査、レントゲン、造影CT、心電図、心エコー。これだけ一気に検査すると休む暇もなくあっと言う間に夕方になってました。今日は3月11日。奇しくも2年前東日本大震災が起きた日。震災が起こった14時46分。私はCTの検査を受けながら黙祷を捧げていました。

検査で時計を持ち込めないので正確な時間は分かりませんでしたが、造影剤を注入され身体がものすごく熱くなった辺りがちょうど、この時間だった気がします。

震災から2年。復興が進んでない現状を去年の桜旅で目の当たりにした時、愕然とした事を思い出します。今年も元気だったら桜旅で震災で被害にあった街を訪ねようと思っていたのに。復興支援の「桜写真展」をやりたいと思っていたのですが・・・

まさか自分がこれから手術を受ける事になるとは。

人生とは一体何が起こるか分からないですね・・・。

震災で亡くなった方々を想い、黙祷しながら受けたCT。一生忘れられない体験となりました。

その後、夕方からドクターから手術説明がありました。私、夫、叔母の3人で聞きました。

説明をしてくださったドクターが細かく丁寧に図解説明をして下さったので、自分がどんな状況で大体どの辺りを切るのか、どんなリスクがあるのかがよく分かりました。胸腔鏡下で手術は行う予定だけれども、もしそれだけでは取り出せないと判断した場合は急遽開胸手術になると言う説明もあったので恐怖でまた涙が流れてしまいました。一気に不安が押し寄せて来たんです。でも「この病院のドクターを信じて全て任せる」と腹を決めたのと、夫と叔母の励ましで手術は先生にお任せして、自分は気力だけ落ちないように頑張ろうと決めました。

部屋に帰ったら検査中で食べれなかったお昼と夜用の2食分のご飯が(笑)。夜9時以降絶食だったので一気に2食分を食べてやりました!(笑) ものすごい食欲です。Mika0

ほぼ完食した姿を見て夫も叔母も安心した顔をしてました。その後二人が帰った後は実は不安でほとんど寝れず。安定剤と睡眠薬を出してもらっても全く寝付けませんでした。

3月12日いよいよ手術の日。

朝早くにドクターから「眠れました?」と聞かれ、「ほとんど寝れませんでした」と答えたら

「そうですか、でも大丈夫、手術中はずっと寝れますから(笑)」

と爽やかに言われたので逆に寝不足の方が麻酔が効きやすくていいのかもね!

熟睡出来ちゃうかも!?(笑)

こうやって無理矢理ポジティブシンキングで当日を迎えたのでした。

夫と叔母2人が見守る中、いざ出陣!

Oba

オペ室までは、なんと徒歩!!痛みがあって歩けない訳じゃないから良いのだけれど・・・

Ope1_2

歩いて行くなんて想像もしなかったから。

緊張しながら手術室へ向かっています。

太ってるせいか、出産しに行く妊婦の後ろ姿みたいだな(苦笑)

Ope2_3エレベーターの中でも江崎氏はカメラマン魂を燃やし常に記録写真を撮り続けてくれました。しかしこの時は顔色が悪すぎるなあ・・・緊張し過ぎて青白くなっていたんだろうか???

これが正に

「病人顔」ってやつですな。不安がMAXに達してる顔してますね~。平然を装って笑顔を出していたつもりでいましたが、やっぱり不安は写真に写るんですね。

写真ってほんと奥深い・・・

Mika4

手術室前で夫と叔母達とお別れ。こんな所まで写真を撮る人は(多分)いないのでしょう。ドクターや看護士さん達もちょっと苦笑いしてました(笑)。

でも撮っておいてもらって良かった・・・と私は思ってます。

そしてこの後、オペ室へ向かうのですが・・・。

右側に沢山のオペ室、左側が多分ICU? ズラーッと沢山並んでいるんです。

何かそこからは映画のワンシーンを見てるみたいな、何だか現実じゃないような感覚に陥って行きました。チラッと「ここで写真集のロケやってみたいなあ・・・」なんてほんの一瞬写真家魂が出たりして(笑)。不安の方が大きくてほんの一瞬だけでしたが。

とにかく中に入って歩いて自分の手術室へ入ると、よく医療ドラマや映画で見るようなセッティングになっていて。ああ、ここで今から私はまな板の上の鯉状態になるわけね・・・なんて事を想いながら、海老のように丸くなって麻酔の前の注射をしてもらう。硬膜外麻酔。

「この麻酔の注射が一番痛いって患者さん達が言うから、これに耐えられたら次は手術終わってるから安心してくださいね」

と麻酔科の先生が優しく話してくれた。注射は痛かったけれど、これから行われる手術への恐怖心の方が強かった。注射の痛さよりも目覚めた時に自分がどうなっているかの不安の方が強い。もし開胸手術に変更されたら?最悪、腫瘍が大き過ぎる上に臓器その物が癌で既に手遅れになったら・・・等々。一気に不安が押し寄せたその時、看護士さんか麻酔科の先生なのかは覚えてないけれど、

「そろそろ麻酔が効いて来ます。ところで、手術が終わって起きたら何がしたいですか?」

そう質問をされました・・・そしてそのまま私は眠りに付いたのだと思う。

そのせいか、夢を沢山見ました。まずはとにかく美味しい物(何かは分からないけれど)を食べてる夢(笑)。

そしてそして、元気に写真を撮ってる夢・・・。現場ではつらつと撮影してる自分が夢で出て来た。

そんないい夢を見ているうちに最後の方に亡くなった父が現れたような・・・すごくニコニコと笑っていたような・・・

それからすぐに

「手術無事に終わりましたよ」

と声がかかり、ドクターが

「肺も心内膜も癒着なしのノータッチで済みましたよ。腫瘍も胸腺も全て摘出出来ました。完璧な手術でした!良かったですね!」

と声をかけて下さいました。あのオペ室の高い天井をバックに、ドクター河野と呼吸器外科のチームの皆さんの頭の後ろから後光が差してまして。ほんとにそれが見えたんです。

(ああ、助かった・・・助かった・・・!!)

一気に涙が出ました。まだ痲酔が切れてないから意識はもうろうとしているけれど、とにかく命が繋がったと確信出来たのでホッとして涙が出たのです。

ストレッチャーで運ばれて、夫や叔母が手を握ってくれて

「頑張った、よく頑張った!」とみんなで声をかけてくれました。

Mika006

術後すぐの写真・・・思いっきり病人ですね。当たり前ですが(^_^; でも何とかピース作ってる辺り、私、やるなあ!(笑) そしてこの姿を撮った江崎氏にプロ根性を感じました。

実は江崎氏、今回摘出した臓器と腫瘍の写真もしっかりと写真に収めてくれてます。ここで是非発表しろと言われてますが、さすがに自分の臓器写真をblogにアップするなんて悪趣味はないので止めときます(笑)。がしかし、これだけ鮮明にしっかりと臓器や腫瘍を撮っておいてもらえると、自分の中にこんな大きな腫瘍が、こんな臓器が・・・!としっかりと把握出来るので写真を見る度に、一瞬心臓周りがキュッとなりますが、まあとにかく撮っておいてもらって本当に良かったと思えます!

話は戻って、術後の麻酔が切れた後は・・・大変な事に・・・。そりゃあもう激痛激痛で熱も上がるし吐きまくるし・・・。

無事に胸腔鏡下手術で済んだのにこんなに痛いと言うことはこれがもし開胸手術だったらどんな激痛が待っていたのだろうと思うとゾッとします。完璧なオペをして下さった河野先生とチームの皆様に本当に心から感謝致します!

そんな訳で術後の夜はかなり大変で、ナースの方に大変ご迷惑をおかけしました。ごめんなさいm(__)m

そして翌朝から普通食に戻り(痛みでほとんど食べれず)なんとその後

「レントゲンの検査、歩いて行ってきてください」

何ですと!?まだ激痛ですけれど!?(笑)

真っ青な顔色で介護士さんにサポートして頂きながら入院棟から離れた場所にあるレントゲン室まで歩いて行きました。車椅子とか使わせてもらえないスパルタです(笑)。

後で看護士さんに聞いた所

「彼女は早く自分で歩けるようにしてあげて、点滴を止めて自分の口からご飯を食べた方が回復が早いだろうから、とにかく歩かせて」

と、ドクターから指示があったそうです。

最初はスパルタ過ぎて何回も泣きそうになりましたが今となっては、これだけ早く回復しているのはスパルタのお陰なんだろうなあ、と思います。

ふ~~~~~~一気に手術の事を書きました。

長く長くなってしまって。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!

今後は腫瘍の中身の病理検査の結果を待って、これからの治療方針が決まって行くと思います。結果は今日から約2週間後です。どうゆう結果になるか、全く分かりませんが、とにかく私は完治目指して頑張って行きます!

そして出来る限り、仕事には必ず復帰したいと思っています(^-^)

クライアントの皆様、もうちょっとだけお時間下さい。

そして今後も自分の病状と治療について、私はここでしっかり記録して行くつもりです。

お役に立てるか分かりませんが、もし私と同じ病気にかかってしまった方がいたら、是非参考にして頂きたいと思っております。

どうぞ皆様、今後とも、見守ってください。そしてたまにパワーを送って下さいね(*^^*)

2013年3月23日  大泉美佳

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

日々少しずつ

昨日、東京は桜の開花宣言があり、すっかり春めいて来ました。

私の大好きな季節到来です(^_^)

毎年桜の花が咲いていく様を撮っていますが今年は、まだまだ我慢我慢・・・!術後の傷口も少し痛むし、歩行もかなりゆっくりじゃないと息が切れるので、今すぐ桜撮影に出かけるのは難しいのです(^_^; 

早く桜たちに逢いたいのですが、もう少し傷が癒えてからゆっくり逢いに行こうと思います。桜に会えない分、叔母と友人に頂いたお花の写真を撮ってみました(^_^)。久しぶりに一眼レフを持って撮影してみましたが、重く感じます(^_^; やっぱりまだ自分は病人なんだと自覚しました。リハビリしてまたカメラを持って駆け回れるようになりたいなあ・・・。取りあえず今日のお花撮影は少しリハビリになった感じがします(^_^)

入院中に叔母が持ってきてくれたお花は優しい色合いだったのでとても癒されました。Reiko0010_2

こちらのお花は地元の飲み友達、Kitaさんから頂いた退院祝いのお花。元気が出る色で嬉しいです(^_^) ありがとう!!Kita0009_2

退院があっと言う間だったので体調もすぐに回復するんじゃないかしら!?と思っていましたが、手術をしたのが12日ですからまだ5日しか経ってないですね。それじゃまだ病人ですよね~(^^ゞ

以前の私だったら痛かろうが、辛かろうが仕事に復帰していたと思いますが、一昨年に大病をした時に無理をした結果が今回の病に繋がってしまったと思うので、今回はゆっくり静養し、完治するまでしっかり治療します!

Mama0013

母が折ってくれた鶴です。高齢で足が悪いので今回上京出来なかったので私の身を案じて心を込めて折ってくれたそうです。

「親より先に逝く事ほど親不孝なことはない」と言っていた母。

娘が二度も病気になってしまい、とても心配していると思います。お母さん、ごめんね。でも大丈夫だから安心してね(^_^)

Naomika0014母の代わりに上京してくれて看病してくれた叔母です。頼りになるし、私がとても尊敬している女性です。

Naoko0011

退院してからの数日間、栄養バランスを考えたお料理を沢山作ってくれました!美味しかった~~~(^_^)。ありがとうございます!

日々少しずつ手術の傷の痛みが減って来ています。「人間の治癒力」って凄いです。

3月12日、虎の門病院呼吸器外科の名医、河野先生の完璧な胸腔鏡下手術で、胸腺に出来た腫瘍と胸腺を全摘出して頂きました。河野先生は診察の時から説明がとても分かりやすく、丁寧に接してくださいました。それまでずっと不安に感じていた事を診察の際に質問した時も、一つ一つ、分かりやすく答えて下さったので

「河野先生に全てお任せします!」

と言う気持ちで手術を受ける事が出来ました。

河野先生に手術して頂いたお陰でこんなに早く退院が出来ました。河野先生本当にありがとうございました!虎の門病院呼吸器外科の先生方、手術に関わって下さった皆様、看護士、介護士の皆様、大変お世話になりました。

河野先生とのツーショット写真。手術の翌日の13日に江崎哲朗氏(夫)に撮影してもらいました。河野先生、格好良すぎます~~~!!まるで俳優さんのようですね。スーパードクターはオーラが違いますね。

手術翌日で傷口がものすごく痛かったのですが、河野先生の爽やかな笑顔を見たら私も笑顔になりました(笑)

Docter   

3月11日に入院して、12日に手術、14日には退院・・・3泊4日の虎の門病院の旅?(笑)

胸腺の腫瘍が肺や心内膜に癒着してなかったので綺麗に全摘出出来たそうなのでこれだけ早い退院となったそうです。良かった良かった!!!!

ちなみに摘出した臓器と腫瘍の写真をカメラマンの江崎哲朗氏に撮影してもらいました。だって自分で見れないのは嫌なので術後の説明時に「絶対撮ってね!」とお願いしてたのでした。退院後今日初めて臓器と腫瘍の写真を見ました。正直・・・気持ち悪かったですが確かに綺麗に取れてるなあ!と感動しました。あ、ここで写真は披露しませんので安心して下さいね(笑)。

河野先生が「旦那さんがいいカメラで写真を撮っていましたよ~。後でご覧ください」と、とてもキラキラとした瞳でお話して下さいました。先生、綺麗に取って下さってありがとうございます!

これだけ素晴らしい先生と手術チームとすぐに出会えた私・・・やっぱり運を持ってますね。

多分間違いなく、沢山の方々からのパワーを頂いたお陰です。

皆さん、お力を頂き、ありがとうございますm(__)mm(__)m

手術の前後の自分のメンタルを色々書きたいな~と思ってはいるものの、今はまだ色々思い出すと息苦しくなったり、辛かった痛みを思い出すのでもう少し時間が経ったら書こうと思います。

とにかく今は無事に手術が成功した事に感謝感謝です\(^○^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

無事に退院しました!

Sakura5

                               写真は3月10日、新井薬師の桜

皆様、大変ご心配おかけしましたが無事に退院しましたm(__)m

素晴らしいドクターにオペして頂いたので、ものすごいスピード退院でした!!

とても完璧な手術だったそうです。ドクターの方々や病院スタッフの皆様に感謝感謝です。

入院から手術、退院までの事を色々書きたいのですが、私自身、まだ退院したばかりで本調子じゃないので自宅療養中にゆっくり書いて行こうと思ってます。

励ましのお言葉、お手紙、お電話、お守り等、沢山の方々から頂きました。

皆様、本当にありがとうございました!取り急ぎお礼まで(^_^)

P.S 今年も無事に桜が咲くのが見れるのがとても嬉しいです。いつものようには身体が動かないので遠方への撮影は行けないと思いますが、リハビリを兼ねて近場の桜写真を撮ろうと思います♪

以前私が「桜を撮る写真家」として取材を受けた「SANYO Waltz」の記事です。

S

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

近況報告続き

3月10日、今日は午前中は初夏のように暑くて天気も穏やかだったので主人と外に出てランチをして来ました♪

野方駅にあるとんかつ屋「とんかつ太郎」です!と~っても美味しいお店なんですよ!!!

手術成功の願掛け(?)で「かつカレー」にしました(笑)。勝負に勝って来ます!(笑)

3100001_2

とまあ・・・明日入院とは思えない位に元気な姿で失礼しました(笑)。

でも色々考えちゃうと、すぐには眠れないので昨日の続きを書いてから寝ます。(入院の準備は終わってますのでご心配なく(^^)v)

私の正式な病名は「前縦隔腫瘍」と言います。この部分の腫瘍の摘出手術は胸骨正中切開が主となるそうで。胸骨を切り肋骨を抜いて腫瘍を摘出する...手術。

(縦隔腫瘍関して詳しく記述されてるのはコチラ

そんな事を言われてビビらない人っていませんよね?(汗) 

胸の骨削って骨抜いてなんて、腫瘍云々の前にそれだけでビビりましたし、開胸するって事は相当リスクが高い手術な訳ですからそりゃあビックリですよ。ストレスで更に胸痛が酷くなって行きます(^_^;

胸骨を切ると言うことは骨がくっつくまでにかなり時間がかかるとの事なのと、カメラマンの仕事どころか、普通の生活にも支障をきたすハズです。いずれにしろ、腫瘍は急激に大きくなってしまっているので絶対に手術しなければならないのですが、開胸手術しか方法がないのか!?内視鏡での手術は出来ないのだろうか?と言う所が私の中で今回の一番のキーポイントとなって行きました。

そんな不安を抱えたままPET検査をし、その時に診て頂いた外科の先生から呼吸器外科の某名医を紹介して頂きました。

胸腔鏡下手術」の名医・・・!

ざっくり言うところの内視鏡手術です。骨を切ったり抜いたりしなくていいのです!

こ、この術式でお願いしたい!!!と心から願い、そして紹介して頂く名医をネットで検索した所、手術の症例数の多さ、お話している雰囲気(動画もありました)、自信に満ちあふれ堂々たるお姿を拝見した瞬間、

「このドクターに切って頂きたい!」

と、私と主人の意見はすぐに合致しました!

そこからすぐに紹介状を書いて頂き、名医の外来の日を待ち続ける日々。不安ばかりだった日々から少し希望が見えて来ました。入院&手術の事を考えて、思い切って髪の毛を15センチ切りに行きました!

Bassa

いつもお世話になっている「BASSA」の山川さんに素敵にカットして頂きました!山川さんありがとうございます(^_^)

沢山のお見舞いの品やお守りを頂き、沢山の方々から励まして頂きました。皆様本当にありがとうございます!!

Omamori0020

たまたま同じ日にお守りを持ってきてくれた、役者の長谷川芳明君と私の友人のかもちゃん♪

Kamohase

今回休業する最後にやったお仕事のデザイナーの皆様方にも励まして頂きました!(井上則人デザイン事務所)

Inoue0019

この頃から気持ち的にとても前向きに変わって行った気がします。ちょうど梅の花も咲いていて春らしくなって来たし。

U0001

中学時代からの親友、智子が仙台からわざわざ家まで会いに来てくれました。私にとってとても大事な友達なので、手術前に会えて本当に嬉しかった。智子、ほんとにありがと!

Tm

そしてそして、今住んでる街の飲み仲間のキタさんも激励会をしてくれました。

私が以前大好きで行っていた野方にあるイタリアンのお店「ぢりお」。女性シェフがお一人でやっているお店です。店長のYちゃんは同じ歳。料理はもちろん絶品だし、人柄も大好き!!やっぱりね、職人っていいなあって思います。私も女一人で職人でやってるからYちゃんみたいに頑張ってる女性はとても好きです。久しぶりに会えて本当に嬉しかった!Yちゃん、また元気になったら行くからね♪

Ca0012 Ca0009_2

そして韓流やフィギュアスケートが好きなお友達仲間も激励会をしてくれました!

Hanryu0015 私が桜撮影をライフワークにしている事を分かってくれているので桜グッズをプレゼントしてくれました(*^^*)とっても嬉しかった!!桜はホントに元気をくれます。

Hanryu0014

お友達のてふちゃんからもお守りが届きました。いつも心配かけてごめんね。そしてありがとう(*^^*)

本当に皆さん、ありがとうございました!!葉書、お手紙、SNSのコメントやメッセージもものすごく沢山の励ましの言葉を頂きました。頂いた気持ちをパワーにして頑張って来ます!

さて・・・話は病院の事に戻りますが・・・

2月27日ようやくようやくゴットハンドに初診察してもらえたのです・・・\(^○^)/

実際にお会いした瞬間

「やっぱりこの方で間違いない」

と感じました。この病気は全国でも症例が少なく、年間2千人程度との事ですがこちらのドクターは年間40~50症例は手術しているそうです。ネットで調べてもこちらの病院が手術数ナンバー1でした。

腫瘍が出来てる場所や大きさが胸腔鏡下手術で出来るかなりギリギリなラインのようですがドクターの自信のあるお言葉のお陰で私もこの先生に命を預けようと思えました。

素晴らしい名医とすぐに出会えて、早い段階でオペしてもらえる私は本当にラッキーです。紹介してくださった前病院の先生に感謝です。

手術自体のリスク、そして術後も続く治療・・・病気との闘いはまだまだこれからですがとにかく3月12日の手術、頑張って来ます!オペは全てゴットハンドにお任せして、私は気力で負けないように(^_^)

明日、3月11日は東日本大震災から二年。

とても大事な日に入院し、翌日に手術すると言うのは、たまたまとは言え何か意味があるような気がして仕方ないです。

沢山の方々からのパワーを頂いているので、とにかく手術を頑張って来ます!

元気になってまたblogが書けるようになりましたら術後の経過や、私と同じ病気で悩んでいる方々に少しでもお役に立てますよう、今後の治療の方法や経過なども書いて行こうと思っております。

それでは皆さん行って来ます(^_^)/~

追伸:本日強風の中、新井薬師の早咲きの桜を撮影して来ました!2013年の桜も絶対撮影しますよ!!!皆さん待ってて下さいね♪

Sakura0002

_l9a0351r

2013年3月10日 新井薬師の桜  Photo by 大泉美佳

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご報告です

最近はとても暖かい日が続いてますね!近所の「大山豆桜」がもうそろそろ満開を迎えます。私の大好きな桜が咲く季節が近づいて来ました。(3月7日撮影)

Ca0007

久しくブログ更新が出来ず、失礼しましたm(__)m

皆様お元気でしょうか?

お仕事関係や友人の一部の方には既に報告していますが、ようやく自分の心の準備が整ったので、ブログでも報告させて頂きます。

私、3月11日(月)に入院し、翌12日に手術する事になりました。

病気を発症してから現在までの事を綴りますので長くなると思います。自分の記録の為にも書きたいと思います。

2月初旬、突然胸に激しい痛みが走り、一昨年の入院時からお世話になっている病院で検査した所、胸腺と言う臓器に腫瘍が見つかりました。

胸腺って?臓器?何なんですかそれ?

レントゲンやCTの画像を見ながらドクターに教えて頂いて初めて知った臓器でした(笑)。皆さんは知ってますか?知らない方はコチラで確認出来ます。

前日まで元気で楽しくお仕事をしてお友達と食事やお酒を飲んで楽しみ、上機嫌で帰ってきて、気持ちよ~く寝ていたら...突然胸と肋骨付近に激しい痛みが走り飛び起きたのです。とにかく横になったり背伸びをすると激痛。病院で緊急検査をしてもらいながら、こりゃただ事ではないだろうな...とは思っていたものの。目の前にあるレントゲンとCTの画像は素人の私が見ても

「なんじゃこりゃ!?」

と分かる位、いや~な感じの物が写っておりました。2011年夏に大阪で倒れて敗血症で死にかけた時の事を思い出し、これはあの時の痛みと似ている感じがする...マズイ事になったぞと感じました。

0206

もっと詳しい検査が必要となり、2月14日のバレンタインデーにMRIの検査をする事が決定。この時はまだ自分が今後どんな事になって行くかが全く分からず、ただただ不安を感じてました。写真は2月7日に夫(Photographerの江崎哲朗氏)に撮ってもらったスナップです。やっぱり不安顔がほとんど。家族に見せる顔は心の中が写ってしまうんですね。写真は嘘を付かないのです。

胸痛が強いのと、重い物を持ったり階段の上り下り程度でも息切れをするようになってしまい、腫瘍が炎症を起こして他の臓器を圧迫しているかもしれないとの事で仕事のドクターストップがかかりました。自分で撮影する仕事が出来なくなり、2月~3月末まで決まっていた仕事をキャンセルする事となってしまいました。

クライアントの皆様には大変ご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございません。

2013年は、フリーランスのカメラマンになって20周年の大切な年なので様々な目標や予定を組んでいたのに...と、2月7日から13日までとにかく毎日泣いてました。

そんなメソメソモードの私を支えてくれたのは夫。

0213_2

検査前日にいつも行っている新井薬師へお参りに行って来ました。私が毎年撮影している桜の樹の前で撮影。お参りに来ていたカップルにシャッターを押してもらいました。すごく良い写真が撮れて大満足です。撮って下さった方、ありがとうございます(^_^)

02132_3   

いつも撮影させてもらっている新井薬師の2本の桜の樹に

「今年もあなたの満開になった姿が見たい」と話かけてみました。

「まだ死にたくないから助けて欲しい」

本気で樹に話しかけてしまいました...ああやっぱり私、生存本能が強いのだな。

一昨年前、敗血症で最初に入院した時、意識が遠のいて行くのを必死でこらえながら「お父さん、まだ連れて行かないで!」と病院の天井に向かって気力で乗り切った時の事を思い出しました。

2月14日のバレンタインデーは病院で検査デーとなってしまいました。また不安顔ですね。

0214

疲れ果てたバレンタインデーでした。主人にチョコを買いに行く事が出来なかったので、ご飯を食べに行ったレストランで売っていたチョコを買って渡しました。ごめんね(^_^;

食事をしながら主人と色々話しました。

何でこんな事になっちゃったんだろう?一昨年前の敗血症になった事が関わっているのか?この1年半で息切れする事が少しずつ多くなっていたのはやはり胸腺に腫瘍が出来ていたからなのか?

私は一昨年前の退院後からかなり太ってしまったので、身体が重いから息切れがするのだろうと思い、腹筋を中心に運動をしたりリンパマッサージなどをしまくっていました。が、痩せるどころか、肋骨付近に激痛が走る事もありました。気になったので何度もレントゲンを撮りましたが異常は見られず。

「リンパが詰まっているから」「太っているから」と自分自身に言い聞かせ、ひたすらマッサージやマシーンを使った腹筋運動をしてました。

今思うと、たった1年半でこんなに腫瘍が大きくなったのは、太っている事を気にして過度な運動やリンパマッサージをしているのに痩せない事へのストレス。そして結局暴飲暴食に走ってしまった事も原因なんじゃないのかしらと思ったり。ストレス恐るべしです。

そもそも胸腺に腫瘍が出来る人はとても少ないそうで。ネットで調べると症例数もとても少なく、そしてほとんど良い事は書いてません(笑)!調べれば調べるほど鬱になって行きます。胸骨の真裏に位置している臓器なので、レントゲンでほとんど写らないみたいなので初期に発見するのはとても難しいみたいです。うーん、ネットで胸腺腫について調べるのはもうよそうかな...等と気持ちが落ち込んで行く毎日。

しかし!私はただ落ち込んで病気に負けるようなやわなヤツではないのです(笑)。一昨年お世話になった研修医のイケメンK先生とツーショットを撮影してもらって癒されたり。

220

背中に出来た粉瘤のオペをして頂いたずっとお世話になっているK先生に病気の相談を聞いて頂いたりツーショットを撮影して楽しんだり(笑)。

0217kanor

仕事のお手伝いを快く引き受けてくれた友人のカメラマン源さんやアシスタントの皆さんと焼き肉を食べに行ったり!

0215_2 

検査後に病院の中庭であんパンを食べた直後、友人の編集者Tさんと大久保界隈で辛ラーメンを食べたり...(笑)

02200024

今回、診察の度にドクターから「食欲は?体重が急激に減った?....とかはなさそうだね」

と言われるたびに逆に「すいません、食欲旺盛で全く痩せません!!(笑)」と言ってしまう程の食欲なんです。ほんとに大病してるとは思えないです、自分でも(笑)

しかし夜が訪れると毎日しんみり。胸腺腫はどうゆう状況でも臓器ごと摘出した方が良いと言う話を聞かされていたので「開胸手術」を想像しただけで毎日激しく落ち込んで行きました。

ふ~。疲れたので続きはまた明日書きます!とにかく入院までに今思っている自分の気持ちをブログに残したい!ので明日またお付き合い下さい(笑)!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »